債務整理の種類って?

債務整理の種類って?

借りたものは返さなければならないと多くの日本人は考えていますが、借金を返すために自分や家族の生活を破綻させてしまっては何にもなりません。
債務整理という方法をとれば借金を減らしたり返しやすくすることができます。また取り立てに悩まされている場合でも債務整理の申立をすれば、取立てをやめてもらうことができます。

 

債務整理には4つの種類があります。

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産
  • 過払い金

です。

 

過払い金は最近話題になっているので知っている人も多いのですが、法律で定められた以上の高い金利で貸し出されていた場合、払いすぎていた利息を返還してもらうことが出来るというものです。
任意整理はお金を借りている複数の金融会社と交渉して借金を一本化して払いやすくしたり、借金の額を減らしてもらって毎月返済しやすい額にすることです。
民事再生は任意整理してもまだ返せないくらいの額の借金が残っているものの、自己破産したくない人や住宅ローンの返済ができないが、住宅を手放したくないと考えている人に適用される方法です。継続して安定収入が見込める人は民事再生を受けることができます。

 

自己破産は返済しきれないほど多額の借金がある場合に適用される方法です。借金の返済から解放されることができ、家族の進学や就職、自分の仕事などには影響を与えないので多くの借金で苦しんでいる場合には良い解決方法だと言えます。