過払い金請求の流れ 取引履歴の開示〜引き直し計算

過払い金請求の流れ 取引履歴の開示〜引き直し計算

過払い金の存在は、どのようにして確認したらいいのでしょうか?

 

当然ながら、消費者金融で、自ら進んで過払い金を返したがるところはない、と、考えて間違いありません。
ですから、消費者金融から過払い金に関するお知らせをしてくるという可能性はほとんどないに等しいと思っていた方がいいでしょう。

 

例外は、武富士のように、破綻したことで債務の確定をしなくてはならないようなケースくらいです。
これにしたって、小規模な業者であれば、「知らない間に破産していた」ということにもなりかねません。

 

過払い金の確認には、「取引履歴の開示」という手続きを行う必要があります。
こう書くと難しそうですが、要はまず、電話で「取引履歴を送ってください」とお願いすればいいのです。

 

消費者金融は個人譲歩保護法によって、開示の請求が本人からあったときは、速やかに応じなくてはならない、と決められています。
万一、応じてくれないときは、書面で請求することになります。

 

取引履歴というのは、初めて消費者金融からお金を借りてから、いつ、いくらの入金をして、そのうち利息分がいくらで、元金がいくら、といった、細かい金額の明細が時系列に添って書かれた紙です。
過去の借金の明細書、と言ってもいいかもしれません。

 

これを元に、次は「引き直し計算」というものを行います。
引き直し計算は、過払い金請求の山場、といわれる重要なものなので、改めてご説明しましょう。