自己破産したら家族に影響する?

自己破産したら家族に影響する?

債務整理を行う時、家族に影響を及ぼさないか心配になってしまいます。
ただ、基本的には家族に影響が及ぶことはありませんので、安心して債務整理を行うことはできるのです。
自分が債務整理を行った場合でも、家族が所有している車などの財産が処分されることはありません。
また、家族がクレジットカードに申し込む際にも影響を及ぶす心配もないのです。

 

ただし、家族が連帯保証人になっている場合には、少なからず影響が出てくる恐れもあります。

 

自分自身が債務整理を行った場合、連帯保証人である家族の元に借金の返済が要求されることになります。
この場合、家族が代わりに借金を返済する義務が生じることになってしまいます。
特に、自己破産という方法で債務整理を行った場合、家族がクレジットカードを作る際に、審査に影響してくる場合もあります。
万が一家族が連帯保証人になっているときには、本人だけではなく家族も併せて自己破産を行う必要があるのです。

 

このように、自己破産を行った時、場合によっては家族にも影響を及ぼす場合もあります。
家族への影響を避けるためには、自己破産を行う前に専門家に相談し、一番良い方法がないかを考えてもらうようにしましょう。